忍者ブログ

黒革の手帳

©1999-2007 CCR Inc. All Rights Reserved. ©2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved
A A A
HOME
2017
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : スー ×
   △ 

以前この日記に 自宅マンションのゴミ捨て場に廃棄されていた大量のおもちゃをパクり…
もとい、有り余るエコロジー精神が仇となってそのおもちゃの一部を持ち帰ったある一人の青年の話を投稿しました。

今日はその青年の末路についてお話させていただきます…


青年が大量のおもちゃを持ち帰ってから2~3日が過ぎていました。
運悪くも、台風、仕事、ムダ毛処理の失敗、痔の悪化など…不幸が相次ぎ、お店に持っていけない状況が続いていました。

青年がおもちゃを買い取りのお店に持っていけたのは4日目の休みの日のことだったと思います。
体調もよく天気にも恵まれ、青年は中野にあるおもちゃや漫画の巣窟に赴きました。
そこにいくのは初めてではありませんでしたが、つくや否や(as soon as)予想以上のファンシーな雰囲気とそこに集う人々のダウナーなオーラにあてられた青年は何度かひきつけを起こしつつも目的のおもちゃ屋さんへと足を踏み入れました。

怪しげなマスターにブツを鑑定してもらいます。
いやがおうにも期待で胸の鼓動が速くなりました。
マスターは馴れた手つきと必要最小限の動きでブツを鑑定していきます。
その所作から青年はあまり値打ちになるものがないということを悟りました。
が、
マスターの手があるブツにいきついた時ピタリと止まりました。
マスターの「笑うせえるすまんに出てくるバーテン」のような半開きの目が
一瞬鷹のような鋭い目つきに変わったのを青年は見逃しませんでした。
ff51a864.jpg









↑(笑うせえるすまんに出てくるバー、魔の巣バーテン)


そう、ゾ●ドシリーズです。素人の私から見てもこれは値が張りそうだと踏んでいたのでゾ●ドシリーズはあえて最後のほうに出したのです。
あきらかにそれまでのブツとは段違いに入念なチェックをするマスター。
マスターの「よくこんな綺麗な状態であったね」の一言で、
青年は勝利を確信しました。

                    ★結果〆て総額6200円也★

青年はその夜、早速友人と近所のおいし~~い炭火焼肉のお店で好きなだけ焼肉とお酒を貪りましたとさ。

                    
この話の教訓、★残り物には福がある
          ★焼肉とビールはケンヤとルミコ以来の好合性カップル

  
0034.jpg
 




★HAPPY END★

PR

 author : スー ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 2  △ 

それはいつものようにRFZをプレイしている最中に起きた事件でした…。

いつものようにPBツアーに参加した私はオークションも終わり一息ついたところで
小腹が空いていたのでコンビニへ食料を買いに行こうと思いつきました。
ギルメンへの挨拶もそこそこにいそいそと階下へと急ぐ私。

ふと気づくと、一階の粗大ゴミなどの置き場に今日は特にたくさんのゴミが置かれていました。
古びた箪笥やボロイ扇風機など、使い物にならず捨てられたモノ達、、、
主を失った家具や家電たちの嘆きの声が聞こえてくるかのような寂寥とした場面です;;哀愁をさそいます。

行きの時はとかく腹が減ってて早くコンビニに行きたくてたいして気にも留めていなかったのですが、
買い物を済ませ帰って来た時、そのゴミをよく見るとなんと大量のおもちゃが捨てられていたのです。
ゾ●ドにガン●ラ、ケ●ロ軍曹にク●ちゃん……

takaranogomi.jpg











「あぁ~子供の頃よく作ったなぁ、プラモデル(´ω`)」

なんて感傷に浸りつつも箱を持ち上げると妙に重い。

「ん、、?中身も入ってるのか?分別してないのか;」
と箱を開けてみるとなんと全くの未開封品ばかりだったのです。



そうして、部屋に戻ってきた私がコンビニで買ってきた食料とともに小脇に抱えてたのはプラモデルの箱でした……

「ぬ、、、、盗人じゃないんだからねっ あのまま捨てられて燃やされたりしたらダイオキシンとかなんかそういう身体にも地球にも悪いものが出ちゃうし、何よりどうせ捨てられるなら必要としてる人が貰い受けたほうがいいに決まってるんだからぁっ…><;」

頭の中でこんな言い訳がループしていきます。


いいえ、、、、、正直にここで懺悔します………

最初は、、「どうせなら作ってから捨てよう」(プラモとか細かい作業好きだから)
と思ってたんですよ



しかし、ギルメンの

「それ、、、、売れるんじゃね、、、、?」
「売れるよ」
という言葉を目にした時、私の中の何かが音を立ててはじけました。
soudan1.jpg





soudan2.jpg








最初もって帰ってきたのは2箱だったのに気がつけばご覧の有様に………

otakara.jpg








※これでも一部です


神様 仏様 バン●イ様 ごめんなさい
都会が僕を………

東京が僕を…変えてしまったんです



神様 仏様 お父様 ごめんなさい

焼肉とか、お寿司とか、たまには食べたいんです


神様 仏様 お母様 ごめんなさい

僕は他人様のゴミを売っていつも食べてる物よりワンランク上のご飯を食べようとしています




明日私は自らの魂もこのガラクタとともに売って来ます

(通報は無しよ(*´ω`)(´ω`*)ネー★)


 author : スー ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 2  △ 
"スー" wrote all articles.
http://gorillapunch.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME